FC2ブログ

茜彩庵 山水 2019年 その1 到着編

2019年9月 茜彩庵 山水さんに行ってきました。 FC2ブログ

茜彩庵 山水(せんさいあん さんすい)
〒370-1403
群馬県藤岡市保美濃山875
Tel.0274-56-0321

部屋タイプ:【小手鞠】(こてまり)

チェックイン可能時間:15:00~18:00
チェックアウト時間:11:00

プラン名:【人気No.1】富岡製糸場の世界遺産記念★貸切半露天風呂「 風音」無料  6大特典付きプラン!
プラン内容:【山水 人気No.1プラン】
【プラン特典】
①プライベートスパ「風音」を1回(50分)無料でご利用。
②夕食時にワンドリンクとして、お勧めの食前酒をサービス。
③更に、庵主おすすめの地酒飲み比べセットもご用意。
④お部屋にある冷蔵庫の中 ドリンクフリー
⑤貸切露天風呂で、ワンドリンクをプレゼント
⑥神流湖をバックに記念撮影
※お酒の苦手なお客様には、アロエやブルーベリーの健康ジュースをご用
意します。

茜彩庵 山水さんのホームページは→【http://www.san-sui.jp/

茜彩庵 山水さんは、
温泉じゃないのですけど、
平成20年(2008年)に改装して以来、
数多くのブロガーさんが訪れていて、
皆さん料理を絶賛されていて、
ずっ~と行ってみたかった宿。

レポは少し前のものが多くて、
最近は余りお見かけしません。
今はどうなっているのか、
ちょっとドキドキしながら行きました。

最近だと、うひひの日。さんがレポを書かれています。
うひひの日。さんのレポは→【http://uhihinohi.com/archives/cat_10126629.html?p=4

山水さんは、私のところからは
秩父経由の一般道でも行けるのですけど、
今回、行きは関越自動車道を使ってみました。

高速出口は本庄児玉なので、
上里SA(下り)が使えません。

そこで、普段は素通りしてしまう
高坂SA(下り)で休憩。
ssa5180.jpg

高坂SAは本当に久しぶりです。
中でうろうろしていると、
KEY’S CAFEさんを発見。
ssa5189.jpg

タピオカドリンクもありましたが、
こちらのほうが気になって。
ssa5190-1.jpg

買ってしまいました、ソフトクリーム。
私はエスプレッソソフト、
相方はミックスソフトにしました。
ssa5194.jpg
エスプレッソソフトは濃厚な味で、
とっても美味しかった\(^O^)/

所沢インターから
本庄児玉インターまで
のんびり走って正味70分程度。
近いです。

本庄児玉インターを降りて、
一般道を西に向かって行きます。
本庄児玉インターから30分位で、
道の駅「上州おにし」に到着。
ssa5197.jpg
このあたりの地名は漢字の読みが難しく、
鬼石で「おにし」、
神流川が「かんながわ」と
難問続出です(^^;)

建物の前の木陰で
野良猫が爆睡中。
ssa5201.jpg
野良猫は近寄ってもピクリとも動かず、
帰りにも全く同じ姿勢で寝ていました(^^;)

2階にレストランがあります。
ssa5203.jpg

色々メニューがあります。
ssa5206.jpg

名物(?)下久保ダムカレー。
ssa5207.jpg
ダムカレーは食べたことがないので、
食べてみたかったですが、
宿の夕食を考えると、
こんなヘビーそうなものは
食べられません・・・。
断念しました。

明るいレストラン。
ssa5208.jpg
自動販売機で食券を買って提出します。

「大和屋」季節のブレンドコーヒーを
頼みました。
ssa5214.jpg
水が美味しい為なのか、
とても美味しいコーヒーでした。

道の駅「上州おにし」から、
ものの7分くらいで
茜彩庵山水さんに到着。
ssa5216.jpg
駐車場から見た宿。

反対側から見た写真。
ssa5222.jpg
駐車場が建物の前の道路の反対側にあります。
道路は交通量が多い上に、カーブの途中なので
横断は決死の覚悟が必要です(^^;)
フォースを使って横断しました。

入り口は真ん中あたり。
ssa5228.jpg
お出迎えは無いので、
勝手に中に入っていきます。

入り口。
ssa5230.jpg

門の横でカワイイ子たちがお出迎え。
ssa5232.jpg

本当に可愛らしい。
ssa5234.jpg

建物の入り口は奥の方。
ssa5237.jpg

建物入り口。
ssa5238.jpg

脇にも可愛らしい猫が。
ssa5239.jpg

入り口入ると、
うひひの日。さんのレポで拝見した銅鑼が。
鳴らしてみたかったけど、我慢しました(^^;)
ssa5639.jpg

正面は華麗なお花が飾ってあります。
ssa5640.jpg

中に入ると女将さんがお出迎え。
奥に案内されました。
ssa5642.jpg

中に入ると、可愛い子が出迎えてくれます。
ssa5672.jpg

ロビーでは湯カゴなどを
売っていました。
ssa5647.jpg

飲む糀(甘酒)、梅干しもありました。
ssa5663.jpg

奥にこぢんまりとしたラウンジ。
ssa5677.jpg
ラウンジのソファに座って、チェックイン。

ソファの前に絶景。
ssa5627.jpg
この写真は夕方に撮ったものなので、
シェードが半分降りています。
到着時はシェードが無く、
眩しい光景がガラス一面に広がっていました。

ソファのクッションに可愛らしい猫の模様。。
ssa5683.jpg

目の前に広がる神流湖(かんなこ)。
ssa5240.jpg
この景色、ブログなどで見ていますが、
実際に目の前に広がる風景を見ると、
あまりの絶景に、
うわー、とかへー、とかの声しか出ません。

目の前にも可愛いもの。
ssa5247.jpg

おしぼりが先に運ばれて、後に
お茶とお菓子が運ばれてきます。
ssa5249.jpg

女将さん手作りのチーズケーキ。
ssa5254.jpg
しっとりとしていて、
とっても美味しいチーズケーキでした。

貸し切り風呂や夕食の時間を決めます。
ssa5256.jpg
一番乗りだったので、
貸し切り風呂・風音の
16:00が取れました\(^O^)/

ラウンジ、ソファの後ろに、
楽しそうな物が。
ssa5628.jpg

おもちゃ、というより工芸品。
ssa5629.jpg

山水さんが載っている温泉本あり。
ssa5630.jpg

一息ついたら、
女将さんが荷物を持ってくれて、
説明をしながら、
部屋に案内してくれます。

入り口、ロビーは4階。
部屋は一つ上の5階にあります。
ssa5692.jpg

奥の階段を上ります。
ssa5359.jpg
茜彩庵 山水さんは階段のみで
エレベーターがありません。
部屋が5階で、大浴場が2階なので、
移動は大変です・・・。

上り切った5階の踊り場にアンティークの棚。
ssa5363.jpg

犬と猫でしょうか・・・(^^;)
ssa5366.jpg

奥に伸びる廊下。
ssa5368.jpg

突き当たりに色浴衣。
ssa5373.jpg
女性は色浴衣を選んでから、
部屋に向かいます。
男性はサイズのみ選びます。

左に曲がると部屋に繋がる廊下。
ssa5378.jpg

左側に階段状の箪笥。
ssa5384.jpg

ウサちゃん、可愛いです。
ssa5385.jpg

奥に案内されて、
ssa5266.jpg

小手鞠の部屋でした。
ssa5268.jpg

全5部屋の宿です。
5階はこんな配置です。
ssa5517.jpg


茜彩庵 山水さんのホームページは→【http://www.san-sui.jp/

その2 部屋編につづく・・・。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

うひひのひ

鴨ミールさん、こんにちは~( ・´ω`・ )

山水さんレポ待ってました!(・∀・)
道の駅の猫ちゃん、行き倒れのようなポーズで寝てますね(;^ω^)
なんとものどかな光景です。
道の駅おにしさんの下久保ダムカレーはレストランの閉店によってなくなるかと思ってましたが、経営が変わってからも引き継がれたようでうれしいです。
とはいえ、旅行前後はなかなか食べられないんですよね~(ノω`*)

山水さんの目の前の道路は本当に交通量が多くて・・
横断するのに気合が必要ですよね(・∀・;)
相変わらずステキな館内ですが、小物が増えてる気がします。
動物系が多いのはきっと女将のご趣味なのでしょうねえ( ・´ω`・ )
ラウンジのソファーもシックな物になってるし
より洗練されてるわあ✨
神流湖も実際見ると神々しいばかりで、うわーきれいーぐらいしか言葉が出なくて・・語彙力の低下を感じました(;^ω^)
でもつくづくナイスなロケーションだとおもいます。
お部屋は小手毬だったんですね~、お部屋編もたのしみにしてます♪

鴨ミール

うひひのひさんへ
うひひのひさん、こんばんは~

山水さんレポ、お待たせしました<(_ _)>

> 道の駅の猫ちゃん、行き倒れのようなポーズで寝てますね(;^ω^)

あははは・・・、ほんと行き倒れのようですね(笑)
近寄っても動かないのにも驚きましたが、
かなり時間が経って戻ってきても
同じポーズだったには絶句(笑)
猫は15分おきに身体を動かすらしいのですが・・・。

> なんとものどかな光景です。

まったくもってのどかでした。
いいですよねえ。
野良猫らしく、身体は細かったですが、
あまりの自然体に顔が綻びました。

> 道の駅おにしさんの下久保ダムカレーはレストランの閉店によってなくなるかと思ってましたが、経営が変わってからも引き継がれたようでうれしいです。

あっ、そうなんですか!
一度経営が変わっているのですね。
私たちが行った時も、客が少なかったので、
ちょっと経営が心配です・・・。

> とはいえ、旅行前後はなかなか食べられないんですよね~(ノω`*)

そうなんですよ。
行きは夕食のために食べられないし、
帰りは、宿の朝食をガッツリ食べているしで
中々機会がありません。
食べるのなら、
行く時に朝食抜きで臨まないとダメですね(^^;)

> 山水さんの目の前の道路は本当に交通量が多くて・・
> 横断するのに気合が必要ですよね(・∀・;)

まだ道が真っ直ぐなら、少し車が見えると思うのですが、
何せ結構なカーブですから、全く見えない(゜Д゜)
もう耳だけが頼りで、カナリ怖かったです~。

> 相変わらずステキな館内ですが、小物が増えてる気がします。

恐らく、うひひさんが行かれた時より増えています。
門の横から小物が多くて、
ロビーや廊下にも小物がたっくさん!
チェックするのも楽しかったですぅ~。

> 動物系が多いのはきっと女将のご趣味なのでしょうねえ( ・´ω`・ )

猫関係が多かったので、女将さんが猫好きなのでは?
と思いました。
ラウンジの猫クッションなんて、手作りかしらん?
と思いましたよ。

> ラウンジのソファーもシックな物になってるし
> より洗練されてるわあ✨

少しずつ手を入れているようですよね。
地道に進化する宿って素敵ですよね。

> 神流湖も実際見ると神々しいばかりで、うわーきれいーぐらいしか言葉が出なくて・・語彙力の低下を感じました(;^ω^)

うひひさんのレポを初め、沢山のブロガーさんの
写真は拝見していたので、
現場で見ても「ああ、こんな感じね」
と思うのかと想像してたら、
余りの絶景に、やっぱ実物は違うっ、って
思い知らされました。

私たちも、うわー、とすごーい、しか言ってません(笑)

> でもつくづくナイスなロケーションだとおもいます。

ラウンジ、部屋、風呂が全部神流湖ビューという
凄い設計でしたね。

> お部屋は小手毬だったんですね~、お部屋編もたのしみにしてます♪

ローベッドの部屋で、とっても良かったですよ\(^O^)/
お楽しみに~。
非公開コメント

鴨ミール

東京多摩地区在住。
ぬる湯好き。
性別:男

カテゴリ

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
ぬる湯好き。
性別:男

リンク

旅休ドットコム 温泉生活

FC2カウンター

アマゾン・リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ユーザータグ