FC2ブログ

小さなホテル セラヴィ再訪 2019年 その5 夕食編

2019年9月 セラヴィさんに再訪。 FC2ブログ 

セラヴィさんのホームページは→【https://ceravie.com/

その5 夕食編

セラヴィさんの食事は
1階のレストランで。
CV4498.jpg
これは到着時に撮った写真。

夕食は18時と決まっています。
全員同じ時間です。
18時になってレストランに行くと、
行列が出来ています。
CV4919.jpg

これは各自、好みの箸を選ぶから。
CV4921.jpg
色々な太さと長さがあります。
秩父の木で出来ているそうです。

お箸の横に、食前酒の配給。
日本酒と梅酒の2種類用意されていました。
CV4922.jpg
日本酒は東北支援で、
宮城県の純米酒。
もうひとつは、
秩父の桃萌という梅酒。
アルコールが苦手な人には、
ノンアルコールを席に持って来てくれます。

レストランではムーディーな音楽が流れています。
他のテーブルの声は聞こえますが、
皆さん、静かに話をしていたので、
騒がしくは感じませんでした。

レストラン真ん中の席に案内されました。
CV4923.jpg

テーブルの上には部屋のイニシャル。
CV4945.jpg

入り口で選んだ食前酒は
桃萌(梅酒)。
CV4927.jpg

アルコールを飲まない相方には
ゆずスパークリングを持って来てくれました。
CV4943.jpg

あらかじめこれだけ並んでいました。
CV4925.jpg

お品書き。
CV4947.jpg

私が頼んだ秩父のワイン、
源作印・甲州シュールリー2018年
(グラス1,000円)。
CV4974.jpg
フルーティで芳醇な味。
滅茶苦茶美味しいワイン。

料理は運んで来た時に、
一通り説明してくれます。

前菜。真ん中上の兎が可愛い♪
CV4928.jpg

苦瓜 生姜漬け、赤ピーマン
CV4937.jpg
苦瓜は苦かった・・・(^^;)。
漬け物みたいな感じでした。

バターナッツ南瓜
CV4938.jpg
何かのハーブの種がまぶしてありました。

ずいき
CV4939.jpg
ずいきは出汁で煮てありました。
薄味で美味しい。

柿 三ッ葉浸し
CV4931.jpg
柿と三つ葉の組み合わせが面白い。

月見うさぎ、小松菜寄せ、ドライトマト
CV4973.jpg
月見うさぎは大根で形取ったもの、
ドライトマトを月に見立てています。
緑色が小松菜寄せ。

月見うさぎは、すごく出汁が効いていました。
ドライトマトは味が濃縮。

栗渋皮煮。柔らかくて、ホクホク。
CV4932.jpg

次に運ばれてきたのは、椀物。 
CV-4977-1.jpg

無花果どうふ
舞茸、丘わかめ、
クコの実、青柚子

CV4981.jpg
上に乗っているのが丘わかめ。
無花果どうふなんていうのは、
初めて食べました。
食べると、イチジクのプチプチ感があり、
面白い感触。
味もイチジクと葛の味がして、
ケーキっぽい、ほんのり甘い豆腐でした。
美味しい~!

これの出汁も絶品。

次は、里山造り。織部焼の器。鮮やかな緑。
CV4985.jpg
全体を絡めて食べてください、と言われました。

古代米、椎茸、南瓜、山くらげ、
豆苗、水前寺菜、ビーツ

CV4989.jpg
古代米の固まりの下に、
野菜が沢山入っています。
上に乗っているのが、黄色いインゲン。
古代米は出汁で煮てあります。
生の豆苗が入っていました。

裏側。
CV4993.jpg
椎茸は炙ってあります。
椎茸や山クラゲもふんだんに入っていました。

変わった料理の連発に大興奮。

次は主菜
巨大な皿で運ばれてきます。
CV4994.jpg
長い金時人参。

落花生、チーズ
CV5003.jpg
チーズは長瀞の桜のチップで
スモークしてあります。
滅茶苦茶美味しいスモークチーズ♪
落花生は枝豆みたいな感じです。
面白~い。

茗荷、おかか
CV5007.jpg
茗荷が牛蒡のように切ってあります。
茗荷は甘酢で味付けしてあって
食べやすいです。美味しい。

柿うずら
CV5009.jpg
柿の本体はうずらの卵を
ビーツで色づけ、
柿のへたは昆布、
茎は素麺を揚げたもの。
可愛い~。

まこも竹、落花生
CV5012.jpg
落花生は蒸してあります。
まこも竹は全然クセが無く、
食べやすい。

ほおずき。上にはミズという薬草が乗っています。
CV5018-1.jpg

皮を開けた写真。皮は食べられません。
CV5027.jpg
ほおずきは酸っぱかった。

むさし麦豚炙り
CV5021.jpg
麦で育てた豚です。
ものすごく柔らかくて、トロトロの豚肉。
豚の角煮を炙ったような感じ。
甘味がある豚肉。
猛烈に美味しい\(^O^)/

山科唐がらし
CV5023.jpg
辛くない唐辛子、と言われました。
ピーマンみたいな感じで、
辛いのが苦手な相方も食べられました。

次に運ばれてきたのは、
凌ぎ 冷し茶碗蒸し
CV5030.jpg
秩父の梅干しを使い、
餡の中に海苔入っています。
出汁がやっぱり猛烈に美味しい。

秩父梅干し、枝豆、海苔
CV5032.jpg
冷やし茶碗蒸し、なんて変わってますね。
枝豆が中にゴロゴロ入っています。
潰した梅干しが沢山入っていました。
茶碗蒸しに梅干しって面白い。

茶碗蒸し、メッチャ美味しいです。

ここでもう1杯、ワインを注文。
兎田ワイナリーグラス1,000円。
CV5037.jpg
葡萄の香りと味が濃厚なワイン。
美味しー!
秩父ワイン恐るべしっ。

温物は古伊万里の器で。
CV5040.jpg

私と相方は柄が異なっていました。
CV5041.jpg

萩豆富、冬瓜、しめじ、
茄子、四角豆、生姜

CV5046.jpg
四角豆はコリコリ、シャキシャキ。キャベツみたい。
茄子はフワフワで、口の中で溶けます。
茄子は油で揚げてあって、
皮を剥いて煮てありました。
凝ってる~。

萩豆富というのは初めて食べました。
キクラゲ、人参、ギンナン入りが入っていて、
少しクリーミーで猛烈に美味しい。

上に乗っている紫の細かく刻んだものが
何だかわからないので聞いてしまいました。
それは何と茄子の皮でした。

この時、周りでは肉をジュージュー焼く音が
鳴り響いて、レストランが煙くなりました。
皆さん、肉付きコースなんですね。
肉を焼いていないのは、私たちを入れて3組でした。

揚げ物
新生姜、コリンキー、
独活、山椒塩

CV5053.jpg

横から撮した写真。
CV5056.jpg
新しょうがは、固くて、滅茶苦茶辛(゜Д゜)
食べたら舌がしびれてしまい、
その後の揚げ物の味が
全くわからなくなりました(泣)
食べる順番を間違えた・・・・。

独活の芽は苦い。
コリンキーはすごく甘い。

口替わり
CV5060.jpg

巨峰白酢あえ、焼きセロリ
紅芯大根

CV5062.jpg
白酢は豆腐を使っています。
豆腐は長瀞の【うめだ屋】さんのもの。

紅芯大根が富士山みたいな形に切られていました。
上にカイワレが乗っていて、噴火しているみたい(笑)

紅芯大根は甘酢で酸っぱい。
焼きセロリは出汁が効いていました。

ここで、この後の食事とデザートを
食べる場所を、
「レストラン」か「部屋」か、
聞いてくれます。

なんて気配りの効く宿なんでしょう。

私たちは余裕があったので、
レストランでいただきました。

数組はここでレストランを
出て行っていました。

食事。ご飯の器は古伊万里。
CV5069.jpg
ご飯はお代わりOK。
もの足らなければ、
夜食用のおにぎりも、作ってくれます。

蓋を開けた写真。
CV5070.jpg

黒豆ごはん。えごまの葉
CV5075.jpg
えごまの醤油漬け。
ご飯はおこわでしょうか。
しっかりした黒豆。
どれもこれも美味しい。

赤だし
CV5076.jpg
なめこ、豆腐入り。
赤出汁にしては、薄めの味付けでした。
美味しいです。

香の物
CV5078.jpg
ウリっぽい漬け物。
食べるとメロンの味がします。
ん?なんじゃらほい?
正体がわからず、翌日チェックアウトの時に
聞いたら、マクワウリだそうです。

デザートと一緒に、
ほうじ茶を持って来てくれました。
CV5080.jpg
美味しいほうじ茶でした。

甘味 あんこだま、
秩父山ルビー、梨

CV5082.jpg
あんこだまは、おはぎのようなもの。
中に入っているのは、わらび餅のようでした。
甘さ控え目で食べやすく、
ウマウマでした~。

梨は香り高い、幸水のような甘い梨でした。
シャインマスカットも甘くて美味しい。
でも、秩父山ルビーの方が、より甘かったです。

前回はステーキ肉有りのコースを選んで
苦しかったので、
今回はステーキ肉無しのコースを選びました。
殆どのテーブルはステーキ肉付きの
コースでしたね。

ステーキ肉無しでも、
充分お腹いっぱいになり、
どれもこれも美味しくて、
大満足の夕食でした。

お腹いっぱいと言っても
満腹で苦しい、
というものではなく、
ほどよい満腹感で心地良かったです。

野菜がふんだんに使われた食事。
夕食と朝食で70種類くらい
野菜が食べられるそうです。

数組のテーブルは、
私たちと全然違う料理が運ばれていました。
土瓶蒸しや刺身が出ていました。
セラヴィさんに、そんな違うコースがあったかな?
と不思議に思っていました。

夕食が終わって、帰る時に従業員さんに聞いたら、
連泊の人には、全く違う料理を出すそうです。
料理長さんのこだわりだそうで、
私たちが食べたものと、全部違うそうです。

セラヴィさんに熱狂的なリピーターがいて、
一月に2回来る人が何組もいるそうです。
その人達のために、通常のメニューと
違うのを常に準備してある、
と言っていました。

前回も感心しましたが、
今回も料理長さんの腕前に脱帽でした。

セラヴィさんのホームページは→【https://ceravie.com/

その6 朝食編につづく・・・。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

kanon

細やかな心くばりでもてなしてくださるお宿なのですね。
お箸もお料理の内容もデザートをいただく場所まで。
夏休み、秩父に行く予定で宿の予約をして兎田ワイナリーを調べたりしていました。秩父には近い割に行ったことがないのですが、再開された暁には是非セラヴィさんに伺ってみたいです。

各地で大きな被害が明らかになってきていますね。今回の台風では都内の方が大変なことになるかと思っていました。二週間後に天竜川の付近の宿に伺う予定ですが、そちらにはあまり被害はなかったようです。

今朝は台風明けの出勤・通学で中央線と京王線がダブルストップ。何かと落ち着きません。鴨みーるさんもお気を付けてお過ごしください。

鴨ミール

kanonさんへ
kanonさん、こんばんは~。

> 細やかな心くばりでもてなしてくださるお宿なのですね。
> お箸もお料理の内容もデザートをいただく場所まで。

そうなんですよ~♪
女性経営者の細かい心配りが、
隅々まで感じられて、
物凄く心地良い宿なんです\(^O^)/
「おもてなし」という言葉がぴったりの
素晴らしい宿です!

> 夏休み、秩父に行く予定で宿の予約をして兎田ワイナリーを調べたりしていました。秩父には近い割に行ったことがないのですが、再開された暁には是非セラヴィさんに伺ってみたいです。

兎田ワイナリーさんは、少々人里離れた場所にあるので、
行ったことは無いのですけど、
秩父に行けば、あちこちに兎田ワインは売っています。
美味しいワインですよね。
秩父は山梨ほどではないですが、ワイン王国ですし、
日本酒もイチローズモルトもあって
めくるめくアルコール天国です(笑)

セラヴィさんが再開されたら、是非訪問して下さい。
値段は高めですが、
とっても満足度が高い宿です~。

> 各地で大きな被害が明らかになってきていますね。今回の台風では都内の方が大変なことになるかと思っていました。

本当に広範囲に、甚大な被害が明らかになってきました。
都内も被害が予想されましたが、
思っていたほどではなく、
やはり川沿いが被害に遭いましたね。
多摩川近辺が相当ひどそうです。
奥多摩と、中央高速も被害が大きいですね。

> 二週間後に天竜川の付近の宿に伺う予定ですが、そちらにはあまり被害はなかったようです。

おお~、それは楽しみですね!
またまた素敵宿なんでしょうね。

天龍川付近は雨量がそれほどでもなかったのでしょうか?
被害が無くて良かったです。
これから台風や長雨がなければ、
無事に旅行に行けそうですね。
楽しい旅になるといいですね。

> 今朝は台風明けの出勤・通学で中央線と京王線がダブルストップ。何かと落ち着きません。鴨みーるさんもお気を付けてお過ごしください。

昨日はまた雨が降ったし、
今朝は人身事故が相次いで起こったし、
ホント、落ち着きませんね・・・(^^;)
鉄道もまだ再開出来ないところもあるし、
高速道路も圏央道が通行止めの所もあるし、
影響が相当残りそうです。

状況をみながら、何とかやりくりと言う感じですかね。
kanonさんもお気を付けてお過ごし下さい。
非公開コメント

鴨ミール

東京多摩地区在住。
ぬる湯好き。
性別:男

カテゴリ

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
ぬる湯好き。
性別:男

リンク

旅休ドットコム 温泉生活

FC2カウンター

アマゾン・リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ユーザータグ