FC2ブログ

おくど茶寮利休庵 その1 到着編

2019年8月 箱根・仙石原のおくど茶寮 利休庵さんに泊まってきました。 FC2ブログ 

その1 到着編

おくど茶寮 利休庵
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原817-460
電話:0460-85-8282

プラン:【スタンダード】4大特典付き健康懐石プラン
客室:露天風呂付客室
大人@ 27,324 円 x 2 名
(サービス料込・消費税込・入湯税別 )

チェックイン 15:00 ~
チェックアウト 10:00

一応、お盆期間中だったので、
普段より値段が高めでした。
普段ならもう少し安く泊まれます。

ちなみに4大特典というのは、
1.抹茶と自家製羊羹のサービス
2.利休の間にてコーヒー、お茶無料サービス
3.2つの貸切露天風呂が無料サービス
4.ご夕食はお部屋出しにてご提供
(ご夕食は18時と19時の2部制となっております)

であり、これは宿泊者全員に当てはまるので
特典といえるのかどうか?

しかし、さらに、
【露天風呂付き客室にご宿泊のお客様には、更にお夜食をサービス!!】
というのが付いていました。
これは嬉しい特典ですね。

利休庵さんのホームページは→【https://sengokuhara.com/

仙石原は、ウチから比較的近いので、車で行きました。

中央高速から、圏央道を通り、
東名高速に。

足柄サービスエリア(下り)で休憩。
スタバがあったので、昼食代わりに
フラペチーノを注文。
ork3627.jpg

キャラメル スモア フラペチーノ。
ork3625.jpg
チョコレートやら、
カリカリマシュマロやら、
ビスケットやらが
ゴロゴロ入っていて食感が抜群。
甘くて、クリーミーで美味しい。

そして、
ショーケースに並んでいた
ケーキを思わず注文。
私はピーチミルクタルト(440円+税)。
ork3634.jpg
美味し~い\(^O^)/

相方は5層のブルーベリーヨーグルトクランベル。
(480円+税)。
ork3632.jpg
ちょっともらいましたが、
これもウマウマでした。

ケーキとフラペチーノだけでは
まだお腹が空いていたので、
たこ焼きも食べてしまいました(^^;)

東名高速道路・足柄SA(下り)からは
25分くらいで宿に到着。
ひっそりと建つ2階建ての宿。
ork3661.jpg
すすき通りに面しているので、
迷うことはないです。
ただ、建物は奥に引っ込んでいるので、
素通りしてしまいそうです。

しかも、隣のマンションに見下ろされています(^^;)
このマンションの向こう側に
リ・カーブ箱根さんがあります。

おくど茶寮 利休庵さん。
・昭和23年(1948)冨士荘として仙石原に創業。
・平成20年(2008)利休庵に生まれ変わりました。
という全8室の宿。
ork3646.jpg
宿の目の前に車が6台分の駐車場。
でも、幅が狭いので、
6台駐まるとギチギチかも・・・。

15時前に到着していましたが、
15時迄待って中に入りました。

誰も出てこないので、
荷物を持って勝手に入っていきます。
ork3654.jpg

のれんをくぐると、
左に通路が延びていました。
ork3656.jpg

途中にベンチらしきものがあり、
なおも奥に進みます。
ork3663.jpg

突き当たりまで進んで、
ork3664.jpg

180度曲がると、入り口の引き戸。
ork3667.jpg

カラカラと開けると、
宿の玄関の入り口登場。
ork3668.jpg

玄関入ると、踏み込み。
ork3670.jpg

お花が飾られているだけの
シンプルな空間。
ork3671.jpg
ちょっと暗めで、
とても落ち着く空間です。
これは宿全体がそうでした。

部屋の左に、奥に通じる入り口。
ork3674.jpg

覗くと、2階に上がる階段と廊下が見えました。
ork3675.jpg
玄関から中に入っても
誰も出てこない。
「こんにちは~」と呼べど、
誰も出てこず・・・。

玄関の扉を開けて、閉めると
奥の事務室でチャイムが鳴っている音が
聞こえるのですが、
しばらく応答無しでした。

数分後に、女性スタッフが
ようやく出てきてくれて、
中に案内してくれました。
ヨカッタ。

この日は宿泊客が2組しかいなかったので、
ノンビリとしていたのかもしれません。

階段手前には厨房が覗ける窓が。
ork3847.jpg

このお釜でお米を炊くそうです。
ork3820.jpg
けんちん汁もここで作るそうです。

入り口入って右側に小さいラウンジ。
利休の間という名前のラウンジ。
ork3826.jpg
掘りごたつ型式なので、
楽に座れます。
館内は、和風のような、バリ風のような、
不思議な音楽が流れていました。

奥に売店コーナー。
ork3829.jpg

部屋に置いてある菓子や
梅干しを売っていました。
ork3700.jpg

売店コーナーの一番下に色浴衣。
女性客はこちらから選んで
部屋に持って行きます。
ork3698.jpg

壁側に自由に飲める飲料。
ork3695.jpg
部屋に持ち帰りもOK。

抹茶。
ork3689.jpg

ハーブティ。
ork3690.jpg

むぎ茶もありました。
ork3692.jpg

チェックイン作業はこちらで。
宿帳に記入していると、
おしぼりを持って来てくれます。
ork3684.jpg

その後すぐに、
ウエルカムドリンクとお菓子を
持って来てくれます。
ork3678.jpg
女性スタッフは外国の方でした。
日本語が少したどたどしかったですが、
実用上は問題なし。

相方はお茶碗の色が違いました。
ork3685.jpg

水羊羹は美味しかった\(^O^)/
ork3683.jpg

ウエルカムドリンク&お菓子を食べ終わると、
部屋に案内してくれます。

おくど利休庵さんの廊下は畳なので、
スリッパを履かずにそのまま歩けます。
ork3848.jpg
おくど利休庵さんは
1階に露天風呂付きの部屋が4室、
2階に風呂無しの部屋が4室、
合計8室の宿です。

奥に進むと、左側の大きな扉は広間。
この広間は朝食時の食事処です。
ork3851.jpg

その食事処のすぐ横が
今回の部屋でした。
ork3854.jpg

20号室。
ork3857.jpg

紫式部という名前の部屋でした。
ork3855.jpg

部屋の案内の前に、
奥のお風呂の説明をしてくれました。
とても丁寧な説明でした。

利休庵さんのホームページは→【https://sengokuhara.com/
このhttpアドレス、凄いですね。
早くに押さえたのでしょうか?

その2 部屋編につづく・・・。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

kanon

この前の土日、箱根に行ってきました😊
なんだか落ち着きそうなお宿ですね。
相原精肉さんでローストビーフと焼き豚を買って帰ってきました😁

鴨ミール

kanonさんへ
kanonさん、おはようございます~。

> この前の土日、箱根に行ってきました😊

おお~、そうなんですか!
いいなあ~。
どちらの宿に行かれたのでしょう?

> なんだか落ち着きそうなお宿ですね。

展望抜群、という宿ではないので、
全体的に照度を落とした、
非常に落ち着いた内部でした。
隠れ家に潜んでいる、という感じでしょうか?

建物が古いのですが、
改装でとっても綺麗になっていましたよ。

> 相原精肉さんでローストビーフと焼き豚を買って帰ってきました😁

箱根に行ったら、相原精肉店さんは欠かせないですよね(笑)
私も利休庵さんの帰りに、しっかり寄って、
ローストビーフの切り落としと焼き豚を
買って帰りました。
焼き豚も滅茶苦茶美味しいですね!

kanon

家族四人で、はなをりさんに泊まりました😄
お部屋のお風呂は温泉ではないのですが、大型ホテルなのでお部屋のお風呂が1番落ち着きました😚
大浴場は、ミストサウナがよかったです。

子どもたち…と、言っても成人していますが…が一緒のときは、おいしいビュッフェの宿を探します😋
はなをりさんも美味しかったですよ😁

鴨ミール

kanonさんへ
kanonさん、こんばんは~。

> 家族四人で、はなをりさんに泊まりました😄

箱根の宿は、はなをりさんでしたか!
はなをりさんは、有名ブロガーのうひひの日さんが、
絶賛していた宿です。
朝、夕のビュッフェが圧巻だとか。

> お部屋のお風呂は温泉ではないのですが、大型ホテルなのでお部屋のお風呂が1番落ち着きました😚

さすがに部屋風呂は温泉ではないのですね。
何と言っても154室の大型ホテルですから、
部屋に温泉なんぞ引けないですよね(^^;)

大浴場は混んでましたかね?
これも仕方無いですよね。

部屋風呂は露天だったのでしょうか?
露天風呂だったら、
温泉でなくても気持ち良いですよね。

> 大浴場は、ミストサウナがよかったです。

ミストサウナもあるんですね。
こういうのは大型ホテルに行かないと
無い施設なので、いいですよね。

ミストサウナは私も大好きです。

> 子どもたち…と、言っても成人していますが…が一緒のときは、おいしいビュッフェの宿を探します😋

ビュッフェなら誰もが満足出来ますよね\(^O^)/
絶対にお腹いっぱいになるし(^^;)
ご家族で行くにはぴったりですね。

> はなをりさんも美味しかったですよ😁

いい宿を沢山ご存じの
kanonさんも美味しいと思われたんですね。
私は大型ホテルはあまり好きでないのですが、
はなをりさんのビュッフェは食べてみたいです(^^;)
非公開コメント

鴨ミール

東京多摩地区在住。
ぬる湯好き。
性別:男

カテゴリ

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
ぬる湯好き。
性別:男

リンク

旅休ドットコム 温泉生活

FC2カウンター

アマゾン・リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ユーザータグ