fc2ブログ

やど莞山 2019年 その5 夕食編

2019年5月 やど莞山(かんざん)さんに宿泊。 FC2ブログ 

やど莞山さんのホームページは→【https://kanzan108.co.jp/yado/top/

その5 夕食編

やど莞山さんの食事は、
本館の隣の棟の食事処で。
kz2212.jpg
この写真は到着時のもの。
食事時間には下の障子が開きます。

莞山さんの廊下は畳なので、
裸足で移動できます。

そこで、
板の間の食事処に入るのに
スリッパを履くという
面白いつくりになっています。
kz2403.jpg

部屋の名前を言えば、
テーブルに案内してくれます。
kz2404.jpg
廊下に沿って作られている食事処は、
ウナギの寝床のように縦長。
席の間隔が開いているので、
前後の席は余り気になりませんでした。
ただ、声は聞こえます。

食事処の
真ん中にお冷やとオーディオ。
kz2484.jpg

かかっていた音楽は
ビル・エバンズ。渋い。
kz2516.jpg

お品書きあり。ありがたや~。
kz2408.jpg

調味料とドリンクメニュー。
kz2409.jpg

お茶は自分で入れます。
kz2410.jpg
美味しいほうじ茶でした♪

私が頼んだ日本酒、
谷川岳 吟醸原酒800円。
kz2449.jpg
コクのある美味しい
辛口の日本酒でした。

相方が頼んだ
ノンアルコールビール350円。
kz2452.jpg

用意されている料理。
華やかでテンションアップ。
kz2405.jpg

食前酒群馬の梅酒
kz2443.jpg
甘味の少ない、美味しい梅酒。

前菜パレット
kz2421.jpg
写真の色が悪いので、
余り美味しそうに見えませんが、
とっても綺麗な盛り付けです\(^O^)/

蒸し鶏の醤油麹漬け
kz2427.jpg
美味しいです。

生麩
kz2428.jpg
出汁で煮てありました~。

アスパラの胡麻ダレ
kz2431.jpg
胡麻ダレはアスパラの間に挟まっているので、
写真ではほとんど見えません(^^;)。
胡麻とアスパラがよく合いました。

蓋付きの容器に入っていたのは、
そら豆の山葵クリーム和え
kz2433.jpg
山葵がピリリと効いていて、
すごく美味しいそら豆。
面白い組み合わせで、新鮮♪

生湯葉。軽く塩がしてあります。
kz2436.jpg
味が薄ければ、塩を付けてください、
と言われましたが、
そのままで充分美味しかったです。

小茄子の揚げ浸し
kz2437.jpg
醤油で味付けの小茄子。
美味しい。

北海タコとウドのマリネ
kz2440.jpg
歯ごたえのあるタコ。
ウドはシャキシャキ。

お造り
石川県産天然アイナメの昆布〆
有頭甘海老、帆立、
特選溜り醤油

kz2446.jpg
美味しい帆立は、
レモンをかけるとサッパリして
益々美味しくなりました。
甘海老は普通に美味しい。

お造りの裏側。
kz2465.jpg
アイナメは噛めば噛むほど
旨みが感じられて、幸せでした。

食事開始後に運ばれてくるのは、
野菜盛り 自家製肉味噌ディップ
谷川茸、紫蕪、スナップエンドウ、
ラディッシュ、オレンジパプリカ

kz2456.jpg
2人分です。
色々な野菜があって楽しい。
どれも茹でてあるようです。
谷川茸は独特の旨みがありました。

肉味噌がすごく美味しい。
これをつければ、何でも美味しくなります。
ご飯がほしくなりました~。

次に来たのは、
揚物
莞山名物ソフトシェル渡り蟹の姿揚げ。
kz2468.jpg
脱皮したての蟹なので、
まるごと全部食べられます。

渡り蟹アップ。
kz2472.jpg
揚げたてが運ばれてくるので、
熱々で、サックサクです\(^O^)/
メッチャクチャ旨~い!
ハサミの部分が特に美味しくて、
ずっと噛んでいました。

でも、これを食べたらもう
お腹が一杯になってきました・・・(^^;)

渡り蟹が食べ終わると運ばれてきたのは、
川魚の骨ごと食べられる遠赤焼き
天然ヤマメの塩焼き、
蕗味噌クリーム

kz2479.jpg
1時間ほど焼いてあるので、
これもまるごと食べられます。

頭は少し固かったですけど、
頭からバリバリと食べてしまいました。
フワフワで、おいし~。

はじかみの右にあるのは
蕗味噌にクリームが混ざっているような
もので、ヤマメにつけて食べると
物凄く合いました。

次に運ばれてきたのは、
蓋付きの綺麗な器,゜.:。+゜
kz2485.jpg

蓋を開けると、
替り鉢 
ブルーチーズと海鮮の洋風茶碗蒸し登場。
kz2490.jpg
ブルーチーズの香りが漂います~。
熱々です。
出汁の味と、チーズの味が混ざった
不思議な茶碗蒸し。
しょっぱくないので食べやすいです。
中には小柱、海老、プチトマト、
椎茸が入っていました。

本日の主宰
真鯛のポアレ
トマトとひよこ豆と野菜のソース

kz2493.jpg

真鯛のポアレアップ。
kz2495.jpg
皮がパリパリで、
身はフワフワ~。
とっても美味しいです\(^O^)/

この真鯛が分厚くて、
物凄い量・・・。苦しい・・・。

裏側。
kz2499.jpg
ひよこ豆とナス、タマネギ、
エリンギなど。
真鯛と一緒に食べると
鯛の旨みアップ!
おいし~。

真鯛のポアレと一緒に
ご飯も持ってきてくれます。

ご飯はお櫃で来ました。
kz2505.jpg

ご飯
新潟県契約農家コシヒカリ
kz2509.jpg
ご飯の上に乗っているのは、
葉山椒でしょうか?
お櫃の蓋を開けたら、
凄く良い香りがしました♪
葉山椒はとても辛くて、
舌がしびれます。

そして、そして、
これが驚愕のご飯!!
美味しいのなんのって、
感動で言葉が出ないくらい。
こりゃ、凄すぎ~。
ご飯だけで、いくらでも食べられる感じ。

ご飯はお代わりが出来ますが、
お腹がパンパンで、
とてもとても食べられません。
でも、お代わりして
もっと食べたかった・・・(泣)

汁物
手作り田舎味噌
北海道産あさりの味噌汁

kz2512.jpg
夕食にあさり汁は珍しい。
味噌が薄めで、角がたっている味噌です。

香の物
kz2504.jpg
これもまた激ウマの漬け物。
普段はほとんど漬け物に手を付けない
相方がお代わりが欲しい、
と言っていたくらい。

食事中、ザワザワ、ガヤガヤしていた
食事処が、ここへきてサーっと
静かになってしまいました。
何故なら、
全員お腹いっぱいで苦しそうだから。
人間て、満腹になると、
黙ってしまうのですね(笑)

水物
季節のシャーベット
kz2519.jpg

レモンシャーベット。
kz2523.jpg
甘くて、サッパリしています。
美味しかった~。

1時間半程度で夕食は終了。

いや~、どれもこれも美味しい♪
器も盛り付けも綺麗だし、
ソフトシェル渡り蟹のような
名物料理はあるし、
評判通りの美食でした。
大満足~\(^O^)/

満腹度120%。苦しいです。

莞山さんは、別注で、
上州牛サーロインステーキ1人前100g
を3000円で注文(要予約)できます。
が、とてもじゃないけど
追加で牛なんぞ食べられません。
健啖家向けです。

食後は、館主さんによる、
尺八演奏(食事のメニューに載っている)。
kz2527-1.jpg
尺八の演奏の前に
館主さんが尺八の説明をしてくれます。

その上、
体験用の尺八を各テーブルに配ってくれて、
吹き方も教えてくれるので、
客が尺八を吹くことが出来ます。

尺八なんて、間近で見るのも、
実際に吹いてみるのも初めて。
思ったより大きくて重い。

館主さんが各テーブルを回って
指導してくれるので、
皆さん結構音を出していました。
私たちも、何とか音が出せました。
楽し~~\(^O^)/

客の体験の後は、
館主さんによる尺八の演奏。
「コンドルは飛んでいく」と
「ルパン三世のテーマ」の後は
古典の「鹿の遠音」という
3曲を演奏してくれました。
尺八の演奏を生で聴くのも
初めてです。

館主さんの演奏は見事なもので、
尺八を堪能出来ました。
こんな体験はなかなか
出来ないですよね。
楽しい宿だ。


部屋に帰ると布団が敷いてありました。
kz2529.jpg
布団は硬めで、寝心地が良かったです。
枕も高さが調節出来て、
快適でした。

やど莞山さんのホームページは→【https://kanzan108.co.jp/yado/top/

その6 ドリンクメニュー編につづく・・・。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

鴨ミール

東京多摩地区在住。
ぬる湯好き。
性別:男

このブログはあくまでも個人の感想であり、
お勧めではありません。
ブログに載せている写真、文章の
無断転載はご遠慮ください。

カテゴリ

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
ぬる湯好き。
性別:男

このブログはあくまでも個人の感想であり、
お勧めではありません。
ブログに載せている写真、文章の
無断転載はご遠慮ください。

FC2カウンター

アマゾン・リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ユーザータグ