fc2ブログ

フォンテーヌブロー仙石亭 その4 夕食編

2019年3月 フォンテーヌブロー仙石亭さんに宿泊。 FC2ブログ 

フォンテーヌブロー仙石亭さんのホームページは→【https://www.fontenu-hakone.com/

その4 夕食編

食事はダイニングで。
夕食は18時スタート。
時間になれば勝手に行きます。
18時に行ったら、他の客は
もう全員着席していました。早っ。

これは、到着時に撮ったダイニングの写真。
fb0313.jpg
オーベルジュなので、
ダイニングは平服必須。
浴衣では入れません。
ちょっとメンドクサイ・・・。

ダイニングはそれほど広くないです。
fb0318-1.jpg
私たちの席は、この写真の左端、
一番内側の、壁際でした。
BGMは軽快なピアノジャズ。
周りの席の声は聞こえますが、
皆さん大人の方ばかりで、
騒がしい人は居ませんでしたので、
それほど気になりませんでした。

最初にテーブルの上に
並んでいるのはこれだけ。
fb0670.jpg
テーブルクロスが無いんです。
面白い。
そして、お箸があるんです。
これは嬉しかった。

バターのみ置いてあります。
fb0679.jpg

メニューは縦長。名前入りです。
fb0705-1.jpg

そのまま載せると長くなってしまうので、
スキャンして半分ずつ並べました。
s-img124-1.jpg s-img124-2.jpg

最初にドリンクを選びます。

ドリンクメニューを見たら、
グラスワインがありました♪
fb0672.jpg

一番上の、マリアージュセットというのが
物凄く気になりました・・・。
fb0673.jpg
でも、4杯も飲めそうもないので、
素直に白、赤のグラスを1杯ずつもらうことにして、
まずは白ワインのグラスをお願いしました。

ノンアルコールを希望していた相方は、
メニューの中には食指が動かず、
fb0675.jpg

ロビーの売店コーナーに展示してあった、
ノンアルコールスパークリングブラン
を注文。
fb0320.jpg

ボトルで来ました。
fb0681.jpg
ノンアルコールワインにしては
美味しかったようです。

その後氷の器に入れてくれました。
fb0684.jpg
本格的なスパークリングワインみたい。

私が頼んだグラスワインの白。
fb0688.jpg
シャルドネのラ・ボームだそうです。
キリリとしたワインで、
すっごく美味しかった。

最初の料理は前菜。
アミューズ。
黄色い野菜のガスパッチョ
オレンジとコリアンダーのアロマティゼ
パルメザンチーズのデュイルを添えて

fb0692.jpg
綺麗~☆彡
デザートかと思いました。
黄色にこだわってます。

周りに並んでいるのは、
トマト、パブリカ、カブ、ビーツ、人参。
この5種類の野菜を
中央の冷製スープに仕上げてあります。
真ん中に器の蓋は、
チーズを使用したお煎餅。
スープはティースプーンで、
野菜はお箸で食べるように、
と指示してくれます。

アップ。
fb0698.jpg
トマトが物凄く甘くて美味しい。
人参は人参臭くて酸っぱい。
真ん中の冷製スープは
野菜ジュレみたいな感じで
とっても美味しい。
チーズのお煎餅は
サッサクで、チーズの味が濃厚で、
ベラボウに美味しい。

テンポ良く運ばれてくる、
次の料理も前菜。
オーロラサーモンのマリネ
シェフのオマージュ バジルの香り
マスタード風味を添えて

fb0709.jpg
オーロラサーモンというのは、
寒い地域で育っているので、
脂がよくのっているサーモン。
塩と砂糖をつかったマリネ。
左下の薄いグリーンのソースは
バジルをベースにマヨネーズを加えたもの。
サーモンの上に乗っているのは、
粒状のバジルシードに発芽マスタードを加えたもの。
サーモンの上にはイクラも乗っていました。
fb0714.jpg
サーモンが凄い。トロです。
確かに脂が乗っていてバカウマ。
皮がパリっと焼いてあって、
これがまた旨い。
そして、マスタードが滅茶苦茶美味しい。

パン2種
fb0724.jpg
細長いのはバケット、
丸いのは大豆を使ったパン。

バケットって聞くと、大きいのを
思い浮かべますが、コレ小さい(笑)。
バケットは固くなくて、甘くて、
ベーグルみたいな味です。

大豆パンは豆臭いパンでした。
どちらも美味しくて、美味しくて、
パクパク食べてしまいました。
あっという間に食べ終わってしまったパン。
後でお代わりを聞いてくれたので、
お願いしました。
お代わりのパンは熱々でした\(^O^)/

蓋付きの容器で運ばれたのは、
fb0727.jpg

カリフラワーのクリームスープ
根セロリの香りをのせて

fb0732.jpg
蓋を開けると、
良い香りが漂ってきました。

カリフラワーにセロリラブ(根セロリ)の暖かいスープ。
上にはコンソメの泡。
スープと混ぜて食べてください、
と言われました。
写真では泡しか写っていませんが、
クリームスープです。
薄味で、クリームの味が強い。
美味しい~。
相方は、動物系の香りがした、
と言っていました。
何の香りでしょうね?


白菜に包まれたハマチのミキュイ
和のテクスチャー

fb0735.jpg
ハマチを軽く焼いて、
とろろ昆布と一緒に
白菜でロール状に仕上げたもの。

ソースは2種類。
上にかかっているのは
醤油と青のりを使ったもの。
魚の下に濃厚なトマトソース。
付け合わせは菜花、トマトのチップ、小蕪。
和のテイストが強い料理、という説明。

アップ。醤油と青のりのソースは
ムースみたいになってました。
fb0737.jpg

輪切りにすると、
fb0745.jpg
ハマチと白菜ととろろ昆布の
3つの味のハーモニーが
口の中で広がります。
中のハマチが猛烈に美味しい。
確かに日本料理みたいな味でした。
下の濃厚トマトソースはケチャップみたい。
いろんな味が楽しめる皿でした。

ここで、私は赤ワインのグラスを
もらいました。
fb0749.jpg
2013年のイタリアトスカーナ地方のワイン。
名前は聞き取れませんでした。
70%メルロー、30%シラーというもの。
強い香りが漂います。
渋みが凄まじい、
フルボディのワイン。
肉に滅茶苦茶合いました。

本日のメインディッシュ、
国産牛ロースのスービット季節野菜添え
マルドンのシーソルトと
グリーンマスタードソース

fb0753.jpg
付け合わせは、
茄子とジャガイモとカボチャのチップ。
チップの下に下にマッシュポテトがあり、
チップは立ててありました。
立体芸術みたい(^^;)

真空調理にて低温で優しく火入れしたステーキ。
ソースは2種類。
手前がグリーンマスタードソース。
マスタードソースにグリーンペッパーという
胡椒をブレンドした物。
牛の下には、
フォンドヴォーをベースにしたソース。
フォンドヴォーは通常赤ワインを使いますが、
今回はグリーンマスタードソースに合わせ易いように、
あえて白ワインで調理している、という説明あり。

アップ。
fb0762.jpg
肉は物凄く軟らかく、
猛烈に美味しい牛肉。
2切れしかありませんが、
私たちには充分な量でした。

でも、お肉好きには物足らないかも(^^;)

裏側には野菜。
fb0765.jpg
薄く切った野菜が揚げてあって、
パリパリ。
他にも、アスパラガス、スナップエンドウも
ありました。

アバンデセール(Avant dessert)。
カモミールとイチゴの氷菓
ライムの香りをのせて

fb0770.jpg

グラニテ・アップ。
fb0775.jpg
上に載っているのがライムの皮。
グラニテはカチンコチンの固まり。
スプーンでガンガンたたき割りながら食べました。
冷たくて美味しい。
イチゴの味が強くて、
他の味はわかりませんでした。
しかし、イチゴ好きの私たちは
それで大満足。

メインのデザート。
トンカ豆のチョコプリンとカシスのソルベ
フランボワーズソースと共に

fb0778.jpg
ソルベの下にフランボワーズソースが
あるのですが、カシスの色と
同じなので、区別つきませんね(^^;)

アップ
fb0787.jpg
チョコプリンはウマウマ~。
カシスソルベは甘酸っぱい。
とっても美味しいデザートでした\(^O^)/

食後の飲み物は、
コーヒー、紅茶 又はハーブティーが選べます。
私たちはコーヒーをもらいました。
fb0790.jpg

最後にプティフール登場。
fb0794.jpg

アップ。
fb0802.jpg
飴がけナッツとギモーヴ(マシュマロみたいなやつ)。
ギモーヴは酸っぱかった・・・。
ギモーヴってこんな味なんでしょうか?

夕食は1時間半ほどで終了。
量は少なめですね。
少食の私たちで丁度良い位でした。
男性で沢山召し上がる方なら、
何回かパンをお代わりしないと
お腹いっぱいにならないかもしれません。

どれも手が込んでいて美味しかった。
食材はありふれたものですが、
料理法や、組み合わせに
オリジナリティがあり、
すごく楽しめた夕食でした。

盛り付けとお皿が綺麗なので、
お皿が来る度に、うわ~、っと
声を上げていました。
大満足の夕食でした。

夜のラウンジ。
fb0804.jpg

窓際のテーブルがライトが照らされていて
素敵でした。
fb0808.jpg

フォンテーヌブロー仙石亭さんのホームページは→【https://www.fontenu-hakone.com/

夕食編が長くなりすぎて、
ドリンクメニューが載せられなかったので、
ドリンクメニューを載せてから、
その5 朝食編につづきます・・・。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

鴨ミール

東京多摩地区在住。
ぬる湯好き。
性別:男

このブログはあくまでも個人の感想であり、
お勧めではありません。
ブログに載せている写真、文章の
無断転載はご遠慮ください。

カテゴリ

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
ぬる湯好き。
性別:男

このブログはあくまでも個人の感想であり、
お勧めではありません。
ブログに載せている写真、文章の
無断転載はご遠慮ください。

FC2カウンター

アマゾン・リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ユーザータグ