FC2ブログ

箱根久織亭 その5 夕食編

2018年12月 仙石原の箱根久織亭さんに宿泊。 FC2ブログ 

箱根久織亭さんのホームページは→【https://www.hakonekuoritei.com/

その5 夕食編

久織亭さんの夕食は、
18:00から30分おきに選べました。
私たちは18時にお願いしました。

時間になればレストランに勝手に行きます。

到着時に撮った食事処の写真。
kt8082.jpg
席の間隔は空いていますが、
周りの声は聞こえます。

入り口で部屋番号を言うと、
席に案内されます。
kt8309.jpg
BGMはジャズ。

用意された料理は無し。
箸置きが箱根細工風で気分が盛り上がります。
kt8313.jpg

お品書き。
kt8312.jpg
ユニークなお品書きでした。
料理名が書いていないんです。
書かれているのは、
料理に使われている素材のみ。
お品書きを見ても、
料理がサッパリわからないという、
楽しいもの\(^O^)/

ドリンクメニューは見開き2ページのみ。
ビール、日本酒、リキュール。
kt8321.jpg

ワイン。
kt8317.jpg

カクテル。
kt8318.jpg

焼酎。
kt8319.jpg

ウイスキー、ノンアルコール。
kt8320.jpg

私はハウスワイン(白)グラスを注文。
kt8324.jpg
スッキリワインで美味しかった。

相方はノンアルコールビール。
kt8325.jpg

最初の料理が運ばれてきました。
お品書きには、
鮟肝、柿卵としか書かれていません。
kt8333.jpg
綺麗~、カワイイ~!
一番下に鮟肝、その上に紅葉おろし、
一番上に紅芯大根。
横にあるのは柿みたいですが、
うずらの卵なんです。
柿のヘタは昆布。
うずらの卵は練りウニに浸けて
オレンジ色にしてあるそうです。

柿のヘタの昆布はコリコリ。
鮟肝は濃厚でウマウマ♪
紅葉おろしと一緒に鮟肝を
食べると生臭さが消えて、
より一層美味しく感じました。

次に運ばれてきたのは、
恵比寿南瓜と書かれた料理。
kt8336.jpg

料理は南瓜のポタージュでした。熱々。
kt8340.jpg
南瓜の種、紫イモのパウダー。
南瓜の種は煎って香ばしくしてあります。
ポタージュは甘くてトロトロ。
すごくやさしい味。
薄味でしたが、全部食べると
丁度良い絶妙な塩加減。

次は、
鯵冷燻と書かれた料理。
kt8343.jpg
醤油は九州の松竹屋・甘口刺身醤油。
醤油がすごく美味しかった。

刺身。メジマグロ、鯛、鯵
kt8345.jpg
鯵は冷燻になっています。
燻製の香りが強く、
鯵の臭みが消えて、
物凄く美味しい!
小田原の鯵だそうです。

メジマグロはアッサリ、
鯛はネットリとしていました。
美味しい~。

レストランに置いてある
冷製燻製機。
kt8453.jpg
6℃で燻製するそうです。
冷たい状態で燻製出来る
装置があるんですね~。

次の料理は、
お品書きにたまごと書かれた料理。
これは、器を鳥の巣に見立てた茶碗蒸し。
kt8352.jpg

蓋を開けると、
kt8361.jpg
卵に見えるのは卵ではなく、
白身は出汁と調味料、
黄身はベーコンと人参で
作られています(゜Д゜)
ええ~!!??
どう見ても卵にしか見えな~い。
面白~い。

食べる時は、黄身をスプーンで
つぶしてください、と説明を受けました。

黄身は薄いポタージュみたいな味でした。
豆乳茶碗蒸しはウマウマ。

この辺でお腹が一杯になってきました。

ここで私は、
ハウスワイン(赤)グラスを注文。
kt8364.jpg
渋み少なく、飲みやすい赤ワインでした。

次は、
ぶり大根なんですが、
ブリと大根が別々にでてくるんです。
変わってますね~。

メニューに春菊、牛蒡
書かれたブリの部分。
kt8367.jpg

フチの赤いのがラディッシュ。
ラディッシュにかかっているのが春菊のソース。
kt8370.jpg
手前にある四角いのが、はぎ麩。
萩麩というのは、
生麩を揚げたもの?
豆が入っていました。
ブニブニしていて、
美味しい。

横に添えてある黄色は銀杏。
塩味の銀杏は、銀杏の臭みが
全く無くて食べやすかった。

裏から見たブリの写真。
kt8373.jpg
ブリにかかっている白いのがゴボウのソース。
ゴボウソースのゴボウ味が濃い。
ブリはすごく柔らかくて、
脂が乗っていてウマウマ♪

次の料理は、
ブリ大根の大根の部分。
ん?なんじゃコレ?
kt8377.jpg
ヒモをほどいて、
セロファンを開けてください、
と説明されます。
面白~い。

開けると、大根に甘味噌。
kt8386.jpg
セロファンの中で食べます。
熱々です~。
大根はしっかりした仕上がり。
甘味噌がかかっていてウマウマ♪

次は、
九条葱、フォアグラバター
kt8388.jpg
自家製のパンと、
自家製のバターで作った
バターサンド。
バターはフォアグラと混ぜて
フォアグラバターになっています。

バターを作る際に出てくる水分が
バターミルク。
そのバターミルクで
パンの生地を練ってあるパン。
九条葱も練り込んであります。

フォアグラバターサンド、アップ。
kt8390-1.jpg
バターが濃厚。
バターと言うより、
チーズみたいな感じでした。
うま~い\(^O^)/
バターが濃厚すぎて、
九条葱の味はせず・・・。

次は、
海老芋の苔玉
kt8395.jpg
海老芋を昆布出汁で炊いて、
苔玉に見立てて揚げたもの。
抹茶がかかっています。

アップ。これも熱々。
kt8399.jpg
上に載っているのは
オカヒジキを揚げたもの。
海老芋の下は、
京都の白味噌と、豆乳で作ったソース。

上に柚子の皮を擦ってかけてあるので、
柚子の香りもします。

オカヒジキは口の中で
一瞬で溶けてしまいました。

抹茶の苦みを感じます。
海老芋はネットリしていて、
コロッケのような感じ。
美味しい♪

ここで完全にお腹いっぱいなのですが、

次に運ばれてきたのは、
紋次郎、ビーツというメニュー。
正体は、黒毛和牛の炭火焼きでした!
kt8409.jpg
紋次郎、って何だろう?
と思っていたら、
紋次郎牛というブランド牛でした。
下の赤いソースがビーツ。
茶色いいソースは山椒醤油。

裏側から撮った紋次郎。
kt8412.jpg
見た目より脂身が少なくて
猛烈に美味しい肉!

噛み応えがありますが、
柔らかくて食べやすい、
という不思議なお肉。
ソースが肉に合っています。
ムッハー、幸せ~♪

ほどなく運ばれてくる、
ご飯と味噌汁と漬け物。
kt8414.jpg
ご飯の量は調節出来ます。
私たちは普通盛りをもらいました。
ご飯はお代わりも可能です。

ご飯は御殿場米で作った、
鶏とキノコ炊込みご飯
上に載っているのは黒トリュフ♪
kt8421.jpg
トリュフの香りが漂う炊込みご飯。
トリュフの香りが、口の中から
鼻に抜けて、幸せ。
激ウマのご飯でした!

これ、普通盛りなんですが、
器がお猪口みたいに小さいんです(^^;)
数口で食べ終わってしまう量。
お腹がパンパンの私たちには
丁度良かった\(^O^)/

漬け物は自家製の昆布の佃煮
kt8423.jpg
薄味で食べやすかった。

白味噌の味噌汁
kt8426.jpg
一番出汁のような、
猛烈に美味しい出汁を使った味噌汁。
これも幸せ~。

デザートは、
薩摩芋と書かれたもの。
kt8428.jpg
うわ~、綺麗,゜.:。+゜

下にはガトーショコラ
上にサツマイモのアイスクリーム
銀杏の形はサツマイモチップス
kt8434.jpg
白い粉はホワイトチョコレート、
下には白あんと栗のペースト♪

サツマイモアイスクリームは
シナモンが効いていてウマウマ。
ガトーショコラは固くて激ウマ。
サツマイモチップスはパリパリで美味しい。
どれもこれも旨すぎ~。

デザートと一緒に
緑茶、紅茶、コーヒーがもらえます。
私たちはコーヒーをいただきました。
kt8440.jpg

最後に出てくるのは、
お茶菓子 石ころという謎のお品書き。
kt8444.jpg
これはちょっとしたサプライズなんです。
まだ行かれていない方に
これを紹介すると、
楽しみを奪ってしまうので
次の記事に書いておきます。
見ても大丈夫な方は、
次の記事をご覧下さい。

2時間近い時間かけて堪能した、
大満足の夕食。
OKABE料理長の料理は
オリジナリティ溢れて、
凝りに凝った品々でした。

何が出てくるのかわからず、
ワクワクするメニュー。
そして、どれもこれも絶品料理!
これはまた食べたいです~♪

食後もラウンジでコーヒー飲めます。
kt8467.jpg

食後に話し込んでいる客が数名。
kt8469.jpg
従業員さんと長々話している客もいました。
皆さん、楽しそう~。

その6 朝食編につづく・・・。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

めりな

楽しそうです
何だろうと思って食べると、すごく美味しいって、うれしいですね。
つづく料理もワクワクして、びっくりして、やっぱり美味しいなんて、
昔のおとぎの宿米屋のおとぎ会席を思い出しました^^
これは体験してみないと分からない料理なので、機会を見つけて
行ってみたいです♪

鴨ミール

めりなさんへ
めりなさん、こんばんは~。

> 何だろうと思って食べると、すごく美味しいって、うれしいですね。

そうなんですよ~♪
見た目も美味しそうなんですが、
食べてビックリ、激ウマだったんです。
もう楽しくて、楽しくて\(^O^)/

> つづく料理もワクワクして、びっくりして、やっぱり美味しいなんて、
> 昔のおとぎの宿米屋のおとぎ会席を思い出しました^^

あっ、確かに昔の米屋さんに近いですね。
凝りに凝ったところが同じです~。
あちらはかなりメルヘンチックでしたけど(^^;)

> これは体験してみないと分からない料理なので、機会を見つけて
> 行ってみたいです♪

そうですね。
私の写真とグダグダ書いてある説明は
実は何もお伝え出来ていないんです。
こればっかりは、
実際に座って、味わうしかありません。
機会がありましたら、是非是非♪

bee

興奮なご飯
こんにちは、鴨みーるさん
いやー、凄い夕食ですね。
よんでて鴨みーるさんの興奮と美味しさが伝わってきました。
そして、私もワクワクが止まりませんでした
で、いつ行けるかなぁって頭をぐるぐる(笑)

次のネタバレは見たいけど、行くって決めたなら辞めようかって勝手に悩み中
好きにしなよって言われそうですが( ̄^ ̄)ゞ

お湯が循環消毒なのは残念ですが、入ってて気にならないなら我が家も平気なパターンだし
後に続きますっ!

鴨ミール

beeさんへ
beeさん、こんばんは~。

> いやー、凄い夕食ですね。
> よんでて鴨みーるさんの興奮と美味しさが伝わってきました。

いや~、凄かったです\(^O^)/
大興奮で、ブログでも長々と
書いてしまいました(汗)
少しでも美味しさが伝わったとすれば、
とっても嬉しいです~。

> そして、私もワクワクが止まりませんでした

あの夕食を目の前にすると、
もっとワクワクしますよ~♪

> で、いつ行けるかなぁって頭をぐるぐる(笑)

beeさんも機会があれば是非是非。
冬場は比較的空いているようです。

> 次のネタバレは見たいけど、行くって決めたなら辞めようかって勝手に悩み中
> 好きにしなよって言われそうですが( ̄^ ̄)ゞ

もしも行かれるつもりなら、
見ない方がいいと思いますよ~。
すんごいサプライズ、
ではないですけど、
とても楽しい一品なんです\(^O^)/

> お湯が循環消毒なのは残念ですが、入ってて気にならないなら我が家も平気なパターンだし

全然消毒臭とかはしないので、
源泉掛け流しにこだわらなければ
とっても良いお湯ですよ!
せっかくの大涌谷温泉の
濁りは薄いですけどね。

> 後に続きますっ!

他の方へのコメントを拝見すると、
この先の計画は、素晴らしい宿のようですね。
非常に羨ましいです。
beeさんのレポも楽しみにしています!
非公開コメント

鴨ミール

東京多摩地区在住。
ぬる湯好き。
性別:男

カテゴリ

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
ぬる湯好き。
性別:男

リンク

旅休ドットコム 温泉生活

FC2カウンター

アマゾン・リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

ユーザータグ